代表あいさつ

『 皆 光 元 年 』

2019年は大きな節目を迎えた年になりました。
この三光電氣が大きく成長した平成の時代が終わり、令和という新たな時代が幕を開けました。 

三光電氣の創業者は私の父でもある青木恵作であり、昭和27年に創業しました。
その父の息子として、青木一郎(長男)、隆(次男)、博(三男)の三人兄弟が生まれました。
三光電氣の社名は、その名の通り3人兄弟が力を合わせ、
明るく光り輝いて欲しい、そういった息子想いの人情溢れる想いが由来となっています。

父の亡き後は、青木一郎が三光電氣を支えました。
そして20194月、私が3代目として、従業員、協力会社、取引先など皆様の想いを背負い、
この三光電氣をさらに成長した企業へと飛躍させなければならない立場となりました。

青木隆

『皆光元年』


令和に光輝くのは、私たち3兄弟だけではありません。
お取引頂いている企業の方々、ご協力頂いている関係会社の方々、
そして、
いつも三光電氣を支えてくれている従業員ひとりひとりです。

そういった想いを体現すべく、三光電氣は新たな令和の時代に、
皆が光輝く『皆光元年』とし、新たな成長のステージを邁進します。

 

 代表取締役 青木 隆